住宅ローン借り換えランキング

住宅ローンの借り換えでローン負担は軽くなります

あなたは毎月の返済額の負担が少し大きいなと感じることはありませんか?以前と違って今では借換ローンにも各金融機関が力を入れて魅力的な商品を提供していますから、低金利でサービスの充実したものに借り換えをするだけで、月に数万円も返済額が減ることもあります。今後は金利の上昇が言われています。今が得する借り換えのチャンスです!

住宅ローン借り換えランキング! (2016年9月 最新版)

低金利で選ぶ借り換えランキングメニュー

当サイトは低金利への借り換えをご検討中の方向けの専門情報サイトです。人気の住宅ローンや長期固定金利のフラット35などをご紹介しております。各メニューからあなたの知りたい情報をお選びください。厳選した商品をランキング形式でご紹介しています。


サムネイル あなたが現在借りている商品は金利が高いなと思ったことはありませんか?もしくは、今よりもっと金利が低い住宅ローンなら月々の返済額も少なくなって楽になるのに・・と考えたことのあ…

サムネイル 今までは民間の商品しか利用不可能でした。しかし、平成19年度から住宅金融支援機構が新しいタイプの「フラット35(保証型)」という商品を出したのです。この(保証型)の一番大きな特徴は借り…

サムネイル 住宅ローンの借換について皆さんが疑問に思われる、よくある質問をまとめてみました。
Q:借換えしたほうが有利なのはどんな場合ですか?…

サムネイル 残りの返済期間も10年以上ある、残高も1000万円以上など一定の基準を満たしている方は住宅ローンの借換をすることをおすすめします。…

サムネイル それでは実際にすると具体的にはどれくらいローンの負担が減るのか確認してみましょう。各金融機関のウェブサイトで簡単なシミュレーションができるように…

住宅ローン借り換えに適している人はどのような人?

住宅ローンの借り換えに適している人とは、どのような人でしょう?

最も多い状況は、現在の固定金利より低い金利の住宅ローンに借り換えて、総支払額を低減することだと思います。

例えば、残り30年ローンの残高が3000万円で、固定金利が3%だったとします。これを固定金利2.5%の住宅ローンに変更したとします。

試算すると、月々の返済額が約8,000円減り、支払いトータルで275万円程度の減額となります。もちろん、ローン変更のための諸費用が必要ですが、それらを差し引いたとしても、トータルの支払額をかなり削減することができます。

一般に、住宅ローンの借り換えで諸費用を払ったとしても、トータル支払い額を減らすための目安は、下記の3点を満たすことだといわれています。

  • 金利差が1%以上あること
  • ローン残高が1000万円以上ある
  • 返済期間があと10年以上ある

また、現在変動金利を組んでいる人が、将来の金利上昇に備えてリスクを軽減するために、固定金利に変更するというパターンも考えられます。

一般に、変動金利のほうが固定金利より低いため、固定金利に変更すると、一旦は金利が上がることになります。しかし、変動金利では、将来景気が回復して、金利が上昇した場合には、高い金利を支払うことになります。金利が上がってから固定金利に乗り換えても、固定金利自体も上昇していますから、金利を抑えることは困難です。従って、低金利が続いているうちに、一部だけでも固定金利に乗り換えると、将来の金利上昇のリスクを抑えることができます。

住宅ローンの借り換えを行う、第3の状況は、当面の支払い額を低減するためのものです。

以前は、住宅ローンの変更を行う場合には、その時点で残っている支払い期間より長い住宅ローンへの変更はできませんでした。

現在では、期間を延長して住宅ローンを組むことが可能な銀行もあります。その場合、借換前と後に金利の差が無かったとしても、借り入れ期間を長くすることで、月々の支払額を低減することができます。もちろん借り入れ期間が長くなるということは、支払う利子が増え、総支払額が増えてしまいます。しかし、月々の返済が滞り、ローン破綻してしまえば元も子もありませんので、最終的には損をしますが、当面の支払い額を低減して家を手放すことを回避するという考え方もあり得ます。

最初の例は、トータル支払い額を確実に低減する方法で、どなたにでもお勧めできる方法です。2番目の例は、現在の支払い額はやや増えますが、トータルの支払額上昇リスクを低減するための方法です。3番目の方法は、いわば最後の手段のようなもので、本来はお勧めできません。

おすすめの銀行をもっと詳しく比較!

サムネイル詳細はこちら 楽天銀行 人気度

【フラット35最低水準の金利と手数料で人気】
楽天銀行のフラット35は最低水準の手数料と金利でフラット35の中でも人気が高く、独自サービスの充実などもあり借り換えも人気を集めています。楽天銀行はネット企業である楽天のノウハウをもとにネット専業銀行にすることで徹底したコスト削減を可能とし従来では不可能だった金利や諸費用を実現しました。楽天銀行に返済口座を作れば融資事務手数料は借入額の1.05%に引き下げられるスマイルプログラムなど住宅ローン借り換えの際にも大きなメリットとなるものが多くなっています。また親子リレー返済やさらに金利の低いフラット20などの商品ラインナップも豊富。支払総額が安い使い勝手のいい住宅ローンなのです。また入院保障付きの独自の失業特約なども用意され万が一の時のリスクにも対応。安心して返済していくことができるのもおおきな特徴。資料請求から契約まで来店不要ですから忙しい方でも手間がかからず人気のフラット35への借り換えを進めていくことが可能。長期固定で金利が安いフラット35への変更を希望している方には楽天銀行が一番のおすすめです。

スペック
サムネイル詳細はこちら 住信SBIネット銀行 人気度

【借り換えでも常識破りの高サービス】
ネット専門銀行、住信SBIネット銀行の住宅ローンはあらゆる意味で常識破りな住宅ローンです。借り換えローンでも、一部繰り上げ返済手数料が無料、保証料必要なし、団信保険料無料というサービスの良さ。これ以上のサービスを提供している金融機関はありません。特に繰り上げ返済はいつでも何円からでも可能ですから、毎月の返済額に少しだけ上乗せして繰上げ返済することで総返済額を大きく減らすこともできるのです。それに加えて金利と事務手数料は都市銀行の商品を大きく引き離す低水準を達成しています。金利が低く、サービスも良い、文句なしで日本No.1の住宅ローンです。インターネット専業にすることで、店舗運営の経費をかけずコストを削減、高水準のサービスとフラット35以上の低金利を実現しています。総合的に判断すると今現在、最も借り手に優しく魅力的な注目の住宅ローンです。口座の開設、審査依頼はネットで完結、一切来店不要という点も忙しい方に人気を集めています。

スペック
サムネイル詳細はこちら 新生銀行 人気度

【借り換えを完済まで応援する手厚いサポート】
新生銀行パワースマート住宅ローンは借り換えにも力を入れ、あなたを完済まで手厚くサポート。保証料・繰上げ返済手数料・団体信用生命保険料はすべて無料、さらに繰上げ返済は1円からと大手都市銀行では考えられないサービスを提供。さらに自動繰り上げ返済機能など面倒な手間がいらずいつでも無理なく返済できるようになっています。新生銀行の借り換えの一番の特長は返済期間の変更ができる点。通常、借換ローンの返済期間は元の住宅ローンの残存期間以内に限られます。しかし新生銀行の場合残存期間に関係なく最長35年まで返済期間を設定可能。返済期間を長くして毎月の返済負担を軽くするといったこともできるためライフプランの見直しに最適。また返済期間を延ばしても、余裕ができたときに繰上返済を行うことで期間と利息の圧縮ができます。他にも住宅ローンの借り入れを行うと、通常なら2,000万円以上の残高が必要な新生プラチナサービスが利用可能に。これはプラチナ会員専用コールセンター・他行への振込が月10回無料・提携金融機関ATMの引き出し手数料無料・定期預金の金利優遇・資産管理セミナーやファイナンシャルプランナーへの相談・会員限定情報などの上位サービスが受けられるもの。手厚いサポートと高いサービスで現在イチオシです。

スペック
サムネイル詳細はこちら ソニー銀行 人気度

【約80%の方が借り換えで利用という信頼性の高さ】
ソニー銀行の住宅ローンを利用している方のアンケート結果を見ると約80%の方が他の銀行からの借り換えということがわかります。これは他の多くの銀行よりも好条件であることの証明であり、ソニー銀行は住宅ローン借り換えで見逃せない存在であることがわかります。金利が低い・繰上返済が用意・保証料がかからないという3つの決め手で選ばれているソニー銀行ですがその他にも評判の良いポイントとして、団体信用生命保険料無料・専任アドバイザーによるサポート完備・借り入れまで来店不要といった点も注目されています。また固定と変動という金利タイプの変更が簡単にできるというメリットも見逃せません。この借り入れの際の自由度の高さがソニー銀行の大きな魅力とも言えるでしょう。2011年版オリコンの顧客満足度の高い住宅ローンベスト24で顧客満足度ナンバーワンを獲得するのも納得の条件がそろったソニー銀行。借り換えの際には外せない銀行です。

スペック